身近な決済手段としてのAmazonギフトクレジットカード購入の可能性

現金をあまり持ち歩かず、クレジットカードを持っている人が増えてきて
クレジットカード決済を導入したいけれど、

  • 初期費用で数万円
  • 手数料3%近く取られる
  • のは気が引けるという方もいらっしゃることでしょう。
    そういう時はAmazonギフトコードをEメール送信して貰う方法はどうでしょうか?

    例えば1000円くらいの代金を請求する際に現金で貰えれば一番良いのですが、
    「ポイントを貯めたい」などの理由でカード払いを希望してきた場合に有効な手段となりえます。

    ただし、現金で売上を管理したい、税金の計算などで面倒になるのは嫌だという場合もあります。
    月収20万円以上の個人事業主として運営されている方は正規のクレジットカード決済端末を導入して
    現金をATMで管理したり通帳記入したりする手間から開放されるのが良い選択かもしれません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください