昨日到着した305ZTまさかの初期不良?

タイトルが先行してしまいましたが、昨日通信量無制限のLTE4Gモバイルルーター305ZTが100円PC市場から到着しました。
305zt
(ついでに7-8年前のEeePCに日本語版Win10導入 – 今後記事を書く予定です)

横浜市保土ケ谷区西谷町や旭区上白根などで速度計測を行いました。
9-15時くらいの昼間だとPINGが遅めですが、モバイルルーターの特性で仕方ありません。
Ping:69ms Down:20.31Mbps Up:0.18Mbps
Ping:52ms Down:26.48Mbps Up:3.84Mbps
(ちなみに最近提供開始された固定回線のNuro光だとiPadの11n無線Wi-FiモードでPing:4ms Down:141.13Mbps Up:124.56Mbpsという驚異的な応答速度と転送速度です)

思ったより速くないですね。下調べしていた通り上り速度は一桁遅いです。
そして、決め手は夜の20-21時に再度計測したところ
Ping:587ms Down:7.07Mbps Up:0.08Mbps
という酷い低速化です(この時点で通信料カウンターは2GBを指していました)

また、もう一つ大きな問題があります。
電波が4本立っているのに繋がらない
タイムアウト
よくSoftbank等のスマートフォンでは3日1GBを超えると128kbps等に制限されますが、今回到着した305ZTは電波が4本立っているにも関わらず一切通信できない(0kbpsしか出ない)状態が頻繁に発生します。繋がったと思っても15分程度でこの状態になります。
こうなると再起動しても繋がらず、必要なときに使えないということになります。

NATセッションが溢れている訳でもなさそうです。なぜならNATタイマーを600秒程度に短くしてもダメ、再起動してもダメ、窓際に置いてもダメ。
「LTEアンテナ電波が4本立っているのに繋がらない」状態です。

また、Wi-Fi経由で「192.168.128.1」と入力し305ZTの管理画面へはログインできるため無線LANの問題では無さそうです。

価格comやTwitter等で調べていてもこれといった原因は見当たらず、可能性としては初期不良の可能性が高まっているため明日100円PC市場に問い合わせ予定です。
[参考にしたWebサイト]
途切れる(価格com)
通信が非常に不安定 (知恵袋)

場合によっては解約・返金してもらい、最近最大速度220Mbps月間30GB制限を発表したWimax2に乗り換えしたいとも感じてしまうのですが、ソフトバンクiPhone6やNexus5等でも使われているWimaxよりも広域なLTEが使えるという売りに魅力を感じてこれを選んだのですが、うまく行くのでしょうか・・・

2015-2-8 23:45追記
Ymobile 3G
快適になったと思ったら「Ymobile A 3G」という表示に切り替わっていました。
LTEだと遅くてイライラ、3Gだとサクサク快適というのも皮肉なことです。

2015-2-14 記事追加
クセのあるモバイルWi-Fiルーターとの付き合い方
様子見することにしました。

“昨日到着した305ZTまさかの初期不良?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください